2016.5.12~14. みゅうじあむ 忍者ブログ
2016.5.12~14.
                            


1.未検索。花に泊まって羽を閉じたり開いたり。
2.未検索。
3.未検索。出来たばかりの桃の実を齧ってました。
4.せせりちょう。東京・神奈川辺りのものとは色合いが少し違う。
5.未検索。種々。
6.キウイ(おにまたたび、しなさるなし)。
7.語源のたんぽ。
8.名を覚えていない。
9.未検索。凄い奴。いつから居るのか・・。白亜紀とか・・。羊歯とか椰子とかの仲間か・・。
  最大級に大きな葉の太い芯、葉脈?が茎を兼ねる。球根で吾家に来て三年目?・・今年は大きくなりそうだ。バナナ(芭蕉)。
10.霞ヶ浦(北浦)の白鳥。
11.確か夏日だったと思うが、留鳥か・・。欧州からの輸入鳥で霞ヶ浦のものは苫小牧のウトナイ湖から渡って来ていると云われているが・・。こぶはくちょう。(因みにこの辺りでは厳冬期にシベリアからのおおはくちょう・こはくちょうも来ている。)
12.強い日差しの中でのほほんする白鳥。
13、未確認。くろあげは?黒揚羽。
14.この仔は右下の羽が無かった。あおすじあげは。青条揚羽。
15.未確認。ばった君。殿様ばった、と勝手に決め付け。勿論赤ちゃん。
16.え~と、あぶ・・・みつばち・・あぶ。虻。矢っ張りみつばちにしとくか・・蜜蜂・・。


PR
【2016/05/15 07:07 】 | 砂丘の森通信 | 有り難いご意見(0)
<<蜻蛉と桑の実 | ホーム | 21世紀の美しいくに>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>